健康な歯を保つ為に歯の治療について知ろう

心配ならまず診断

手術の流れ

たくさんの治療器具

インプラントを行うには外科的手術が必要ですが、それには多くの手順があります。
まずインプラントに適しているか様々な精密検査が行われます。その前に問診などもあります。
検査に問題がなければ主治医とともに治療計画が作られ、時間をかけてその説明と理解の作業が行われます。
口腔環境によってはインプラントとの干渉を防ぐため予め歯を削ったりすることもあります。骨の強度不足や密度に問題がある場合はこれらの問題の解決が優先されます。
インプラント手術の準備が整ったら、一次手術が行われます。通常インプラントは2回に分けて外科手術が行われます。
一次手術ではまず土台作りが行われます。インプラントでは人工歯を支える根っこが必要になります。
頬骨に根っことなるネジ状の人工部品を埋設していきます。
骨や歯茎との定着が必要なので一次手術完了後は数ヶ月の術後経過観察が必須になります。直ぐに2次手術が出来るわけではありません。

術後観察で骨との定着が確認されたところで、一次手術時に埋設した人工部品と歯を連結する連結部品を装着する2次手術を行います。
約2ヶ月の術後観察後、実際に取り付けられる歯の型取りを行い、形状や色等を確認しながら人工歯を作っていきます。
最終的に連結部品に人工歯を取り付け、インプラントの完了です。
このようにインプラントは時間がかかる上に多くの手順が必要になります。
インプラントに関する知識は勿論のこと、事前準備が非常に大切です。

↑ PAGE TOP