健康な歯を保つ為に歯の治療について知ろう

心配ならまず診断

適しているか

入れ歯

簡単にインプラントといってもそもそも適している方もいればインプラント治療を行うのに適していない方もいます。
まずインプラントは歯科治療の1つですが、他の歯科治療のように安易に行えるものではありません。高度な技術と多くの手順を含み、また自由診断です。
術後のメンテナンスも定期的に必要になるため、メンテナンスが出来ない方はまずインプラントが行えないといってもいいでしょう。
高度な外科手術と骨に人工部品を埋設するため、手術に耐えられる体力と、未熟な骨の低年齢者も適していません。
インプラントは歯茎とも密接に関係あります。重度の歯周病を患っていた方や、現在も歯周病の場合は出来ない可能性が予想されます。
喫煙者の場合も難しいと言えます。なぜなら免疫力低下が招く感染症のリスクが高くなるからです。
インプラントでは人工部品を定着させるため術後に期間を空けて定着を待ちます。この期間に免疫力が低下し、何らかの感染症にかからないとも言い切れません。
またニコチンは欠陥を収縮させることでも有名です。インプラントは埋設した人工部品によって支えられています。周囲の骨や歯茎組織が血管収縮によって組織が弱ってしまってはインプラント自体が取れてしまうこともあります。
何らかの疾患を持っている方や、常時服用している薬によっては手術が難しい場合も考えられます。
いずれにしてもインプラントを受けたい場合は歯科医への相談が必須です。インプラントが難しい場合でも方法次第では可能な場合も考えられるので、主治医としっかり話しをすると良いでしょう。

↑ PAGE TOP