健康な歯を保つ為に歯の治療について知ろう

心配ならまず診断

術後の流れ

歯ブラシと治療器具

インプラント治療はその多くの手順とそして何よりも手術内容に骨に穴を開け、人工物を埋め込むという作業が行われるため痛いや怖いという印象を持たれることが多いです。
治療中(手術中)は勿論麻酔や、不安を取り除きリラックスした状態の身体にするため鎮静剤等が用いられます。
鎮静剤は意識をはっきりしないような状態にさせる薬の一種で、胃カメラや内視鏡検査で使用したことがある方も多いでしょう。
それらを使用することで痛みを感じず、あっと言う間に治療は完了します。
ただしインプラント治療の場合、治療後(術後)に痛みを感じるという場合があります。
その痛みは人工物を埋設したことによる腫れが原因している事が多く挙げられます。
治療後は安静が絶対で、数日間は入浴や飲酒、激しく身体を動かす事などは極力控え、噛む力を要す食べ物なども食べないほうがいいとされています。
それでもインプラント技術は日々進歩していて、最近では一週間程度でその痛みも治まると言われています。

あまりにも痛いという時には必ず主治医に相談されたほうがいいでしょう。
特に日が経つにつれ強くなる痛みや、処方された薬(鎮静剤など)を服用しても一向に収まる気配がない、また治療後から日数が経っているのに痛みが完全に無くならない時は要注意です。
細菌感染症に感染している可能性もあれば、化膿や炎症が起こっていることが考えられます。
市販の薬などで安易に対処するのではなく、必ずインプラントの専門家に診てもらうのが先決でしょう。

↑ PAGE TOP